minato/single.php

STAFF BLOG みなとの森

minato/content-single.php

千壽苑 医務室のお仕事

今回は、千壽苑 医務室の紹介をします。

 

千壽苑の医務室では、平均年齢47歳()の5名のナースと、1名の看護助手が働いており、

特養・ショートステイ・ケアハウス合わせて、120名以上のご利用者の健康管理を行っています

 

それでは、私たちが日々行っている仕事の一部を紹介したいと思います。

 

 

  申し送り

※職員の勤務交代時に行う、ご利用者の病状・身体状況などの報告・引き継ぎのこと。

 

介護・看護スタッフで一緒に朝・夕と申し送りを行い、情報を共有します。

この時、看護スタッフは医療的側面から観察・ケアの要点をアドバイスします。

しっかりした介護スタッフが揃っているので、夜間も安心

 

 

 

 点眼

 

毎日、朝・夕2回行います。

点眼に回りながら、ご利用者の健康状態を観察します

「目薬が一番楽しみ」 と、言って下さる方もいます

 

 

 

 薬の管理

 

内包薬を薬の札に入れます。

間違いがないように、と緊張します

 

 

 

 包帯交換

 

ちょっとした擦り傷を消毒したり、薬を塗ったり・・・・

千壽苑のスタッフは、小さな傷でも見落とさず、看護スタッフに報告してくれます。

 

 

 

 薬の管理

 

分包されていない薬は、看護スタッフが分包します。

誤薬の無いよう、様々な工夫をしています

 

 

 

 経管栄養

 

お食事を口から食べられない方もいらっしゃいます

声をかけながらお口の中をキレイにして、お食事(流動食)を始めます。

 

 

 

 回診

 

嘱託医の篠崎先生です。

地域医療に力を入れている優しいドクターです。

看護課長と一緒に 「回診で~す

 

 

 

この他にも、私達はご利用者の方々が健康で穏やかな日々を送れるようサポートしています

 

お時間がありましたら、ちょっと医務室を覗いてみて下さい

 

minato/sidebar.php